しをんのしおり
小学校6年生から高校まで、
小学校の担任の先生が先生仲間と作っていたスキークラブに入っていた。
毎年1月2日の夜から夜行バスでスキー場に移動し、
明けた朝からスキー三昧で、6日夜に帰ってくる。
大きいバス二台を借り切っていた。

1月は志賀高原や黒姫、池の平あたりに行っていたと記憶している。
3月は決まって山形蔵王だった。
スキークラブだから、能力別にクラスが分けられて、
コーチの指導を受けるのだった。
そのコーチを引き受けているのは、小学校の先生だったり、
かつてはその先生の教え子である大学生達だった。
受験の学年の中3の冬以外はほとんど行っていたから、
すぐに上手くなった。
弟は何度か行って、行かなくなってしまったけど。

主催していたのは、小学校の先生達で、
色んな小学校の先生、今思えば多分ほとんどボランティア?
好きでされていたことだと思う。

そのひとりの先生が、本が好きで、読むならその作家の小説もエッセイも
みんな読むといいよ!と言ってくれたことを、ずっと倣っている。
で、三浦しをんのエッセイを読み始めたところ。





読書 | 10:10:25
一日仕事
午後から会計士と打ち合わせのために、
午前中から頭を仕事モードに切り替え、
書類の整理などする。

結局、一日仕事になり、急いで食事の支度、という通常モードになった。
単純作業を持ち帰ってもきて、何やってんだか。
貧乏性だ。




幼稚園 | 23:25:30
8月の雨
16日連続の雨だそうです。
40年ぶりだとか。
本当にうんざりです。

雨のせいか、待ち人なかなか来たらず、で不毛な時間が過ぎていった。
お線香をあげにきてくださる方がいるかもしれないから、
家を空けられず、雨だし、草むしりもできず、
観たくもない映画を観たり(ただし、面白かったけど)
「夜のピクニック」は読んでしまった。
わー!面白かった~!とは言えないけれど、
好みの問題かな。
次は何を読もう……考え中です。

休日 | 23:21:58
終戦の日
毎年、お盆で、何気なく迎えているこの日ですが、
私たちの父母、祖父母は、72年前のこの日の前後を
辛くて苦しく、過ごしていたはずです。
私たちが今、平和に暮らせるのは先祖のおかげ。
戦争の話からつい目を背けてしまいたくなるけれど、
新聞を読むと8月はそういう特集記事も増えてくるし、
忘れてはいけないな、と思わされます。
誰も傷つかない戦争はない。
北朝鮮のひとも、米国のひとも、頭を冷やして欲しい。
地球を壊さないで欲しい。


PRIVATE | 16:05:38
お財布
今使っているお財布は、人がなんと言おうと、
とても使いやすく、代え難いものなのですが、
お財布の寿命は三年、とどこかの雑誌で読み、
すぐにその気になって。
お金が貯まる人のお財布は整理されていて、キレイで、
お札も、ここを出て行きたくない、と思うらしい。
なるほど……
で、購入をする決意が冷めやらぬうちに、
買ってしまいました。
自分がそのお財布にお金を入れるくらいの金額のものが
いいとも。こういう記事って熟読しちゃう。
雨の日に買うのがいいとも。
おお、ばっちり!
キレイに使ってお札さんと仲良くするつもり……

PRIVATE | 22:56:23
次のページ