FC2ブログ
小学校英語 つづき
何を言っても、何も変わらないけれど、そういうことが決まって、小学校の先生方も研修されたりしているそうだ。教員の研修では、身ぶり手ぶりの大切さ(⁉︎)や、子どもへの適切な声掛けなど、を学ぶらしい。こういった研修を受けて、中核教員が2万人を超え、全国の公立小学校へ行き渡る人数となった。英語教育への意識の差が教員間にもあるという。意識だけじゃなく、実力の差もだろう、とつっこみたい。「英語が苦手な教員もいるが、英語力よりやる気が英語に積極的に向かう子どもたちを育てることにつながる」だと!?やる気で?
小学校の教員で英検準一級を持つ人は1%もいないそうだ。
AIの専門家によると、子どもたちが大学を出る頃にはスマホで自動音声翻訳機能が付く、らしい。
なんだかなー
一貫して、反対だけど、国がそうすると決めたなら仕方ない。

幼稚園 | 11:21:51
小学校英語
2020年度から、英語が小学校の教科になる。3、4年生は必修、5、6年生は成績がつく。私立の中学校入試に、英語が入るだろうことも想像できる。きっと、英語教育に躍起になる。世論の高まり、が理由だそうだ。実際、国民の八割小学校英語に賛成した。しかし、世論を精査した研究によると、英語の不得意な人々が主たる支持層だという。
知り合いで、海外で活躍している人々、帰国子女達に聞いても、小学校英語を支持するという人は一人もいない。
ノーベル賞を受賞した白川英樹博士も、インタビューで、日本語の教科書で科学を学んだからではないか、と答えている。"思考の道具としての日本語"、母国語でしっかり学び、考えることができたことが、ノーベル賞受賞に繋がった。

幼稚園 | 11:13:08
やっとCMが
幼児教育無償化のCMがやっと、という感じで流れ始めた。
現実感ひしひし、である。
幼稚園もタイヘンだけど、
市役所の事務方はとっても大変だと思う。
愚痴のひとつふたつ、聞こえてきてもおかしくない。
お仕事だから、市民のために頑張ってもらおう。
保護者の皆さんにも、ご自分でしなければならない申請が、預かり保育分の、あるので、お忘れなく。

幼稚園 | 22:04:34
暴言暴力
休みなので、ニュースやワイドショーを見るでもなく見ることになる。仕事柄、保育園で起こったことやなんかはじっくり見る。
二日間続いて、保育園で言うことを聞かない子どもを平手打ちした、こども園で保育教諭が暴言を吐いた(主任と副主任らしい)と報道があった。青あざが多く、おかしいと保護者が園に訴えたこと、子どもが言葉にできて、親に訴えてわかったこととある。
信じられないことだが、こういうことは氷山の一角なのではないかと思う。
保育園が足りない、足りない、とむやみに増やすのはいいが、本当にちゃんと保育されているのか?養成校でも、質が下がっている、と聞く。
だけど、そういう保育者ばかりではない!志を持って、子どもが好きで、先生を目指す真っ当な人も多い。

私たちは、いい先生達に恵まれているし、いい先生を育てたい、と改めて思う。

幼稚園 | 15:18:52
幼児教育無償化
件名について、本決まりになった。
当園に通ってこられる方は佐倉市と印西市と八街市からも。
無償化にするための手続きが、各市に委ねられているため、それぞれの市でやり方が違う(揃えて欲しいー!)。事務の手続きが煩雑で、我々が理解するのにも一苦労だ。事務の仕事が増えることは必須。市の職員の皆さんはもっと大変だと思われる。(どう見ても暇そうな人がいるから、お手伝いして貰えばいいだろう)佐倉市は無償化が現実となった時、すぐに佐倉市としてのやり方を想定した上で私立幼稚園向けの説明会を開いてくれた。これまでに二回。各園の曲者園長先生方からの質問や感情的な文句もにも誠実に答えてくださった。印西市はなし。書類も夏休みぎりぎりに届いた。
保護者の皆さんが自ら動かなければならないこともあるので、しっかり書類を読んで対応して欲しい。




幼稚園 | 09:05:12
次のページ