FC2ブログ
お別れ遠足
ひとり、熱でおやすみで残念でしたが、予定通り、お別れ遠足に行ってくることができました。
夜半に雨が降り始め、寒かったけど、行けて良かった、としみじみ。子どもたちは寒さもなんのその、で駆け回り、とても楽しんでいました。つくづく、臼井幼稚園の子どもたちは優しい、と思いました。他のお客様の小さい子にお先にどうぞ、と言ってあげたりして、いい子!と思いました。
他の幼稚園や保育園も遠足に来ていましたが、子どもが目に余る危ないことをしても、注意しない、と当園の教員が注意したそうです。思いやりのない言動にも。世直し!と褒めておきました。

幼稚園 | 22:50:06
焦る焦る
卒園式まであと二週間ほど、ということに気づいた!うっ!焦る!二月は目くらましのように、もう一週間あるような気がして、すっかりだまされた?しまった。
自由参観にお越し頂きありがとうございます。年長の最終日の参観の際には、歌も、ご披露するかも。カモです。大サービス。
今年は発表会の日を延期してしまったので。

幼稚園 | 23:15:14
二週間ぶりの休み
かなり前に出席を申し込んでいた、バラの剪定講習会に出てきた。自己流と本の知識だけでバラを育てていたけれどプロにちゃんと教えてもらう機会があることを知り、是非に!と申し込んだ。
ひとつとして同じ樹形のバラはない、バラに限らず、だけど。教えてもらって、いざ自分のバラに向き合うと、どこを切るべきか、迷う。切りすぎても、枯れない!という心強い言葉をおっしゃっていたし、切ることで、枝の更新、リフレッシュできる、とのことだった。知ってはいても、素人は切れないものなのだ。
春から初夏にかけて、植物が芽を出し始める季節、庭仕事をすることがたくさんあるのを横目に、仕事に向かう。忙しい時期。

庭仕事 | 23:27:42
三学期
発表会が終わると、バタバタ卒園式まだ一直線だ。
明日からミニミニ発表会で、発表会後二日しか経っていないという強行さ!発表会が延期にならなければ、一週間の余裕があったのに…多少バタバタするだろうことはお許し願いたい。
自由参観の日程も出たので、ぜひお越しください。子どもたちは飽きずにエネルギーを注いでいます。

幼稚園 | 23:27:28
ふぅ~
延期にした発表会が終わり、ほっ。延期にした分、ちょっと教員たちの緊張が緩んだ可能性があります。でも、子どもたちはそれまで見ていたホールでの様子とそれほど変わらず、だったように思えます。
おやすみしてしまった子には、ミニミニ発表会、自由参観の日に楽しんでもらいます。
さて、自分の園の発表会後、速攻で幼稚園を出て、京都へ向かいました。品川駅に駐車して、新幹線に乗り、19時のお約束の時間に滑り込み。日頃、指導して頂いている小谷先生へのお礼の会食です。そして、日曜日は保育研修会でした。
ここのところ、睡眠不足で、眠らなければいけないのに眠れない夜が続いて、日曜日の夜はさすがに久しぶりに熟睡できました。いろんな緊張で、気持ちが張り詰めていたせいかも。深呼吸して、リラックスしてもいいかなー

幼稚園 | 21:55:23
朝から雪。湿った雪。雪は大好きだけど、仕事柄そういう発言は憚る必要がある。
ゆずのジャムを作っている間に、雪が雨交じりになり、雪の結晶を撮れなかった…今年は霜活も、雪活もうまくいっていない…
午後、花屋さんに行った。従業員を募集しているそうです。


休日 | 23:21:04
発表会が延期に
思い切って行なってしまいたかった…
今日の青空が恨めしい。
しかし、今朝、前の道路はカチカチだった。
一部の皆さまは登園が難しかったと思われる。
延期にしたことで、来られない方もいらっしゃるので、自由参観の日を設けるつもりです。

幼稚園 | 23:47:26
もう一回
全てのクラスの発表会の作品が仕上がった。今は表現をより深めているところ。この劇遊びは、出来上がって終わりではない。
しかし、最初から丁寧に、担任と一緒に作ってきて、エンディングを迎えると、子どもたちからなんとも言えない叫び、思いがあふれる瞬間がある。説明できないけど。この時こそ、担任冥利に尽きるんだろう。その瞬間に立ち会える幸せ。
ホールで最初から通して行なうと、「もう一回やりたい!」と誰かが言う。ホールの使用時間は分刻みだから、もう一回は不可能。飽きずに、またやりたい!と言ってくれるなんて、嬉しいじゃないですか!?楽しいからでしょ。こんな遊び、そうない。
家でも段ボールや廃材で小道具を作って、石や兄弟を相手に劇をやっているとか。幼稚園冥利につきる。

幼稚園 | 23:40:05
14年11ヶ月3日
ケビンが1月20日に、突然、死んでしまいました。もう少しで15歳でした。2週間経ったけれど、寂しさから抜け出せないでいます。このことを書かないと、先に進めない、と、ずっとこのページに向き合えずにいました。
その日の朝、元気に散歩に行って、ごはんもいつもと同じように食べて、リンゴも欲しいと騒いで、いつも通りワガママでした。夫と庭のライトを付けていた、ほんの少しの間に、旅立ってしまいました。午後に、トリミングの予約をしていたのに。良い天気の穏やかな日曜日、私たち二人揃って在宅している時のことで、そんな日をちゃんと選んでくれたと思います。一日中、傍らで、生き返るのを待っていたけれど。今までにないくらい涙が出ました。
翌日、お花をたくさん棺に入れて、さようならしました。細くて、白い煙が、青空に吸い込まれて、また涙が出ました。
決して決して決して育てやすくなかったし、一緒に暮らすのも容易ではなかったけど、すごくすごくかわいかった。
また泣けてきたので、この辺で。
明日からまたがんばろう!

PRIVATE | 17:04:57