命拾い
研修で一から百以上お世話になっている小谷先生が入院されています。
エコノミー症候群ではないけれど、発症のメカニズムは同じご病気だそうです。
という情報も、小谷先生のHP上のこぼれ話から知れるほど回復されています。
勉強仲間の先生方は、みんな暇さえあればこのページをチェックして
心配していました。
命に関わる病気だから、間一髪で助かったくらいの大事でした。
良かった。

ある程度の年齢になったら、自分のからだの声に耳を澄まし、
無理しないように、不調をそのままにしないことが大切です。
そんな年齢になりました。

暑くて寝苦しい夏も終わりかけ、やっと熟睡できそうです。



幼稚園 | 00:15:17