FC2ブログ
国語力が危ない
読売新聞に「国語力が危ない」と三日間にわたる記事が掲載された。
表現力がない故にキレる児童、なんでも「やばい」で済ます若者。「感動」を「エモい」。「エモい」とは、感情に訴えかける心の動き、のことだそうだ。
小さい頃から、細かい心情を表現する語彙力をつけておかないと、コミュニケーションが下手になる、言葉が分からないと、単純な思考回路になる!というようなことが書いてあった。
最近の子どもたちは、長い話を読むのが苦手な傾向があるそうだが、名作と呼ばれる作品には、美しい日本語がちりばめられている。
外出自粛を要請されている今、名作を手にとってはどうであろう。

幼稚園 | 23:36:54