読書三昧
ジェフリーアーチャーの「永遠に残るは」の下巻を読んでいます。
クリフトン年代記の第7部で、数年前から発売を待ちながら
読み続けていたのが、ついに終わるようです。
全部で14冊。
登場人物が多く、しかも日本人の名前じゃないのが
覚えられない、億劫だという人もいます。
確かに、CEOだの、あっちこっちの会社の会長、社長、
保守党、労働党党首、執事に、顧問弁護士、
検事やら裁判官、看守、運転手にまで名前がついている。

半年、一年次の部が発行されるまでに、
なんだったっけ?と思わないでもないけれど、
すぐに引き込まれて、夢中になるのです。
ジェットコースターノベル。
時間がある時でないと、寝る間を惜しんで読んでしまう。
注意が必要です。

「僕と妻の1778話」というのも、手元にあります。
「君たちはどう生きるか」も。
もう休日は明日で終わるけど、時間の許す時に
少しずつ読みます。


読書 | 23:10:26
トットのマイフレンズ
お昼のドラマで「トットちゃん」をやっているので、
録画してみています。
だから、ちょっと前にも書いたと思うけど、
黒柳徹子さんの著書を読み直すのがマイブームです。
今、お風呂で読んでいるのが、
「トットのマイフレンズ」。
若い人たちにはわからないかもしれないけど、
徹子さんは結構すごいヒトなんですよ。
持ち前の個性が強烈だから、陰の努力とか、
アイディアとか、伝わらないけど、
本はとても面白いし。
ゴーストライターがどうせ書いているんでしょ、
なんて意地悪なこと言わずに。

徹子さんが今いくつか知らないけど、
長く生きると、それだけお別れもたくさんしてるってこと。
気付かされた。今日。

読書 | 23:18:22
ナミヤ雑貨店の奇蹟
読み始め、ちょっとファンタジー。

喉が痛くて、夜中何度もうがいに起きました。
午前中病院に行って薬をもらって、
午後はずっと寝てました。

今日は車がびっくりするほど空いていて、
市内の小学校は全部休校なのに子どもの姿もまったくみかけなかった。

台風一過の青空。
青空を見るのはいつぶりでしょう。
10月は雨ばかりで、太陽が出たのは4日だけだそうです。
運動会、奇跡的でしたね。

読書 | 22:33:34
まほろ駅前狂騒曲
もうすぐ読み終わります。

そう言えば最近、映画をとんと観ていない。
夕刊の映画評でおもしろそう!と思うものは
この辺での上映がないものばかり……
ゆっくり映画をみる時間があった夏も、
なぜか観なかったなあ。

絶対観たい、絶対欲しい、というものが減ってきたような。
生命力の減退⁉️

読書 | 22:11:11
私が語り始めた彼は
今週はいそがしかったし、少しずつ読んでいますが、
もうすぐ読み終わります。

三浦しをんさんは、小説が面白いです。
エッセイは、オタクすぎて、言ってることがわからない‼︎
その道の方にしかわからないことが多すぎて。
小説は、ものによって激しくテンションが違って、
同一人物が書いているとは思えないほど。
そのベースとなっているのが、あのエッセイにあるのか……?

次の本ももう買ってあります。
三連休のお楽しみです。


読書 | 09:51:05
前のページ 次のページ